WPtouchに関連記事を表示させる方法


 

スマホ用サイトの表示に愛用させてもらっているWPtouh Mobile Pluginですが、どんどん進化していますね。
最近では先日のバージョンアップにて、とうとう3.3.4まで進化しています。
すごいスピードですよねぇ。

表示もとってもクールな感じで、基本的に無料ですので非常に重宝しています。
アドセンスを貼り付ける方法についても、これまで解説してきた通りに可能ですしね。

しかし一つ不満な点が

すごく便利なWPtouchなんですが、ただ一つ不満だったのが

関連した記事を表示してくれない

ってことでした。

これも以前解説したように、有料のPro版を導入すれば全く問題なく表示できます。

ただ有料のWPtouch Proの値段はというと

WPSP1この通りで、結構高くついちゃうんですよね。

もちろんたくさんサイトを運営している方だったら問題ないかもしれません。
しかし個人で1つのブログをやっている場合、それだけに$49を払うかって考えると…。

まぁそのあたりは考え方にもよりますからね。
確かに有料版の方が機能は優れていますし、さらにいい点はいっぱいあるんでしょうけどねぇ。

しかし実はちょっとした裏技があったんです。

そう

無料版のWPtouchで関連記事を表示する方法

ってのがあったので、今回はその方法について書いていきましょう。

下準備から

今回は、以前説明したワードプレスのプラグインである“Similar Posts”というのを使います。

インストール方法や設定については、こちらから見てみてくださいね。

とりあえずは、普通のパソコンで見るサイトにSimilar Postsを使って関連記事を表示できるようにしておいてくださいね。

続いてWPtouchの調整です

ここからが本題です。
WPtouchで表示されるサイトに、どうやって関連項目を表示させるかというと

Similar PostsをWPtouchに埋め込む

ということなんです。

「なんだか難しそう」って感じるかもしれませんが、実はすごく簡単なんですよ。
少なくともアドセンスを貼り付けたことがある方なら。

今回も

Single.php

というファイルに一文を追加をしないといけません。
存在する場所は、ワードプレスがインストールされているところを開き

/wp-content/plugins/themes/bauhaus/default/

というフォルダを開いたところにあります。

こちらの場所の開き方について、よく分からない方は、以前アドセンスの挿入方法で解説したところなどを参照してくださいね。

そしてSingle.phpを開き、以下の文を追加して、上書き保存してください。

<h3>合わせて読みたい関連記事</h3>
<?php similar_posts(); ?>

ただこれだけです。
とっても簡単でしょ?

「合わせて読みたい記事」ってところは、適当に変更してもらってもいいですし、なしでもOKです。

実際に追加すると

WPSP2

こんな感じになるかと思います。
今回は一応有料のPro版で追加される位置と同じぐらいのところに挿入してみました。
挿入する場所によって表示されるところは変更できますので、好みに合わせていろいろ試してみてくださいね。

実際に挿入すると

というわけで、実際に上記のSimilar Postsが表示されるようにコードを追加してみるとこんな風になります。

WPSP3

赤で囲んだところが追加された関連記事ですね。
一応5記事表示されるようにSimilar Postsの設定をしてますので、そのように表示してくれます。

いかがですが、そんなに難しくなくできるでしょ?

スマホサイトはこれまで関連記事を読んでくれる人が少なかったと思うんですが、これで多少は他の記事も読んでもらえるようになるかもしれません。

ただ、この方法もアドセンスの挿入のときと同様に注意点が。
それは

バージョンアップすると初期化されてしまう

ということなんです。

これはSingle.phpファイルが上書きされてしまうからなんですよね。

回避するには、バージョンアップの前に必ず

Single.phpファイルをバックアップ

しておいて、バージョンアップ後にファイルを置き換えるようにしてくださいね。

これはWPtouchをカスタマイズする人の宿命みたいなものですね。
面倒かもしれませんが、そうすることをお勧めします。

というわけで、それほど大変ではないので、興味のある方はぜひどうぞ。

本日もありがとうございました。

 


→ この記事がお役に立てば、ブログランキングかSNSで応援クリックしていただけるととっても嬉しいです(^^)/

人気ブログランキングへ

2 Responses to “WPtouchに関連記事を表示させる方法”

  1. 田辺 より:

    こんばんは。
    失礼致します。

    ご質問がありまして、先程WPtouch更新をしてみたのですが、パソコンからは表示されるのですが、スマホから見ると真っ白になってしまいまいました。

    いくら調べても僕自身ではどこを間違えたのかわからず困っています。
    もしともぽんさんのお時間が付くのでしたら、一度見ていただけないでしょうか・・

    「Single.php」をコピーしてあるのでどこがおかしいか見ていただけないでしょうか・・?

    • tomopon より:

      田辺さん

      こんにちは、はじめまして。
      返事が遅くなってしまって申し訳ありません。
      質問ありがとうございます。

      最近WPtouchの話題を更新していなかったので、そろそろ書こうと思っていたんですが、ちょっと時間がなくて(^^;
      もうすでにWPtouch mobile pluginの最新版は4.1になっているんですよね。

      で、自分も一度試しにバージョンアップしてみたことがあるんですが、フォルダの構成が変わってしまっているんですよね。
      そのうえ、一番問題だったのが

      インデックスページに表示される記事数が1つだけになってしまった

      ということなんです。
      うまく設定をいじればできるのかもしれませんが、結局できずに諦めてしまいました。
      Pro版を買えということなんでしょうか…。

      まぁその話はまた後日書くとして、田辺さんの質問の件ですが、”single.php”のファイルを確認することはよいですよ(^^)

      ちなみにftpソフトを使ってファイルをアップロードされていますか?
      もしその場合には、転送モードが”UTF-8″になっていることを確認しておいてくださいね。
      時々それが”Shift-JIS”などになっていてうまくいかないことがあるようなので。

      基本的には、自分が試したところではWPtouch mobile pluginの4.xでも同じ方法で広告の表示などはいけるはずですけどね。
      もしダメだったら、旧バージョンに戻すという方法もあります。

      https://wordpress.org/plugins/wptouch/developers/

      上のリンクから3.xのファイルもダウンロードできるので、どうしても最新版でうまくいかない場合はお試しくださいませ。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

スポンサー-楽天-

このページの先頭へ