Twitterのタイムラインをブログに表示しよう!


今回もTwitterとWordPressの連携に関するものです。

前回はブログを更新したら自動でTwitterにつぶやかせる方法を書きました。

今回はその逆といいましょうか、Twitterでつぶやいている内容をWordPressに表示させる方法です。
こちらは前回と比べると簡単かな?

ではその方法とは?

自分の場合は、以前から“jetpack”というプラグインを導入していました。

これはいろんな機能を持ったプラグインです。

これまでは主に簡便なサイト統計情報を表示するために使っていたんですけどね。

Jetpack by WordPressのインストール

すでにJetpack by WordPressをインストールされている方は、Twitterを表示する方法のところまで読み飛ばしてくださいね。

ちなみにインストール方法は特に難しくなく、

“Jetpack by WordPress.com”

というプラグインを普通にインストールするだけです。

すると左メニューのダッシュボードの下に

jp2

こんな風にjetpackってのが追加されます。

そこをクリックすると

JP3

こんなにいっぱいのメニューが表示されます。
合計すると32個もあるんですね、知りませんでした(^^;

ただし、このプラグインはインストールするだけでは有効に働いてくれません。
全部の機能を使うためには

WordPress.comと連携する必要がある

というのが一つの特徴です。

WordPress.comとの連携について

これもそれほど難しくはありません。
先ほどの画面の上の方に“WordPress.comと連携”というボタンがありましたよね?

JP4

それをクリックしてください。

JP5

するとこんな画面が表示されるはずです。

すでにWordPress.comでブログを持っていたりしてアカウントがある方は、ユーザー名、パスワードを入れて認証となります。
でもほとんどの人は多分アカウント持っていないですよね?
その場合にはアカウントの作成が必要になりますので、ユーザー名入力の右にある“アカウントが必要ですか?”をクリックしてください。

JP6

ここでメールアドレス、ユーザー名、パスワードを入力して登録してください。

しかしくれぐれも注意しないといけないのは

ここで登録したものは、自分のブログにログインするためのユーザー名、パスワードとは違う

ってことなんです。
まあ一緒のものにしても問題はないかと思いますが。

ここで登録したものは、あくまでWordPress.comというサイトにログインするためのアカウントになります。
画面はよく似ているんですが、自分のWordpressのダッシュボードにログインするためのアカウント、パスワードとは全く別物になりますのでご注意を。
(自分も最初は意味がよく分かりませんでした(^^;;;)

ここまで完了して晴れて連携が取れますと

JP7

こんな風に準備ができたと表示され、右上には“WordPress.comと連携済み”と表示が変わります。
以上でJetpack by WordPress.comの設定は完了です。

肝心のTwitterを表示する方法

ここまでこればあと少しですよ。
左メニューの外観>ウィジェットを選択します。

JP8

すると、利用できるウィジェットの中に“Twitterタイムライン(jetpack)”というものが追加されているかと思います。
これを自分の表示したい場所(サイドバーやサブコンテンツ)にドラッグ&ドロップします。

JP9

こんな感じのものが追加されたかと思います。
ここでタイトルやサイズ、表示されるツイート数などを決定します。
そしてここで入力が必須な項目が“ウィジェットID”というものです。

これを手に入れるためには、Twitterにログインしないといけません。
赤で囲んだ“Twitter.comでウィジェットを作成”のリンクをクリックしてください。

JP10

するとTwitterのウィジェットの画面が表示されます。
ここで新規作成をクリックしてください。

JP11

ユーザー名のところに、表示したいツイートのユーザー名を入力すると、右のプレビュー画面で実際表示される感じが確認できます。
それでよければ、下の“ウィジェットを作成”をクリックしてください。

JP12

するとウィジェットが作成されましたというメッセージとともに、画面が変わります。
そしてその画面のアドレスの

“https://twitter.com/settings/widgets/”以下の数字ウィジェットIDになります。

この数字を先ほどの”Twitterタイムライン(jetpack)”の設定内にある”ウィジェットID”にコピペし、“保存”ボタンを押せば完了です。

うまくいっていれば、ちゃんと自分のツイッターのタイムラインがブログ上に表示されるはずです。

意外と・・・

簡単なんて言ってましたが、結構大変でしたね(^^;;;

Jetpackがすでにインストールされている人からすると比較的簡単なんですけど。
Jetpackのインストールから解説を始めたら結構面倒でしたね。
簡単という言葉に期待して読んでもらった方にはごめんなさい!!でした。

でも前回の更新をツイッターでつぶやかせる同様に、表示するのも結構使えると思いますよ。
別に更新情報以外にも、記事にはならないまでも自分のちょっとしたつぶやきをブログの片隅に表示してもいいですからね。

興味がある方はお試しくださいませ。

本日もありがとうございました。

検索エンジン上位表示 SEO完全ガイド ソーシャルメディア時代の内部対策&外部対策

新品価格
¥1,680から
(2014/3/24 22:56時点)


→ この記事がお役に立てば、ブログランキングかSNSで応援クリックしていただけるととっても嬉しいです(^^)/

人気ブログランキングへ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

スポンサー-楽天-

このページの先頭へ