関連記事を掲載する方法について


以前関連記事を自動で表示する方法について解説しました。

これは

Similar Posts

というプラグインを使う方法でした。

relate1-1

こんな感じで、記事の下の方にいくつかの関連する記事を表示してくれるというものですね。

これは非常にシンプルで分かりやすいので悪くはないんです。
ただ実を言うと少々古いプラグインなんですよね。
そして見た感じでは、最近はあまり更新されていないようですし。

まぁある意味完成したプラグインだから、更新する必要がないと言えばそうなのかもしれませんが。

ただ少々不満な点とかもあって、別のものがないのかなぁとちょっと探してみたのでした。

Jetpackがあるじゃないか!

昨日も記事にしていたJetpackなんですが、このプラグインはとっても多機能なんですよね。

これまでにもこんなことこんなことができちゃいますって書いてきましたよね。

で、あらためてJetpackにどんな機能があるのか見ていたところ、これにも関連記事を表示するって機能があったんですね。

でもこの機能、比較的新しく搭載された機能のようなんですよ。
ちょうどバージョン2.9ぐらいからのようです。

早速試しに使ってみました

ってことで、モノは試しと使ってみましたよ。
実際に今このブログでも下に表示されているかもしれませんが。

どんなふうになるかというと

relate1-2

こんな感じでアイキャッチ画像と、記事のタイトルが表示される感じですね。
まぁ見た目はそこそこ良さげでしょ?

デフォルトでは3個の記事が表示されるようになっているようです。
一応少しいじれば表示される記事数を増やしたりはできるようです。

ただいろいろ見ていた限りでは

カスタマイズできる項目が非常に少ない

って弱点が…。

だからJetpackの中では、まだこの機能は発展途中なのかもしれませんね。
今後はいろいろ使いやすく変わっていってくれるのかもしれませんので、それに期待することとしましょう。

まぁその発展を待つというのでもよいかもしれませんが、ちょっと何とかしたいなぁと思いまして。

で、見ていたところよさげなプラグインが。

yet another related posts plugin

ってものです。

もうすでに使っている方も多いのかもしれませんね。

まだちょっと見ただけなので、実際どうなのか分かりませんが、またよさげであれば紹介していきますのでお楽しみに。

本日もありがとうございました。

 


→ この記事がお役に立てば、ブログランキングかSNSで応援クリックしていただけるととっても嬉しいです(^^)/

人気ブログランキングへ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

スポンサー-楽天-

このページの先頭へ