関連した投稿をまとめて表示してくれるプラグイン”Similar posts”


WordPressでブログを書いていると

関連する内容の記事が一緒に表示されるといいなぁ

なんて思いませんか?
訪れてくれた人が、ついでに他に書いた記事を読んでもらえることを期待して。

もちろんカテゴリーやタグで分けることで、関連記事に誘導するって方法もあります。
あるいはページごとに、関連した記事へのリンクを貼るといった方法も。

でも別カテゴリーだけど、できれば一緒に表示したいといった場合とか困りますよね。
また、いちいちリンクを張っているっていうのも面倒ではありますよね。

そんな時に役立つのが、今回ご紹介するSimilar Postsというワードプレスのプラグインです。

どんなふうに表示されるの?

まず実際にこれを使うとどうなるのかが気になりますよね。
でも意外といろんなところで見かけていると思いますよ。

具体的にはこんな感じです。

sp1

自分のブログでは

“合わせて読みたい関連記事”

として、記事の最後に5つほど関連する記事を表示するように設定しています。

他のブログでも多分良く見かけていると思いますがいかがでしょうか?

これ見ると、実際にクリックして関連記事を読む人は多いと思うんですよね。
実際自分もそうですから(^^)

まぁそんなわけで、こう表示されるのを目指してプラグインを導入しましょう!

プラグインの導入方法

基本的にはいつもと全く同じです。

まずは新規プラグインで“Similar posts”を検索します。

sp2するといくつか出てくるかもしれませんが、“Similar posts”というのを選んで“いますぐインストール”をクリックしましょう。

しばらくすると、自動でプラグインがインストールされると思います。

インストールが完了したら、設定のところを見ると”Similar Posts”が表示されていると思います。
こんな風に。

sp3

ここまで行っていれば、とりあえずはインストール完了です。

続いて設定ですね

Similar Postsの設定項目は実はたくさんあるんですが、ある1か所以外はほぼいじらなくても大丈夫じゃないかなぁって気もします。

まずメニューの“設定”>”Similar Posts”をクリックするとこんな画面が出てきます。

sp4

これが基本画面ですね。
ここで主な設定はできるかと思います。

書いてある通り、表示したい記事数や、同一カテゴリーや同一タグの記事のみに限定するかなどの設定ができます。
この辺は好みで変更してもらってもよいかと思います。
自分は表示する関連記事は5個として、その他もデフォルトのままとしています。

日本語で書いているブログの場合、いじるべきところが1か所あります。
上の方にある“Manage the index”というのをクリックしてください。

sp5

ここで、 四角で囲んであるように

・Handle extended characters?

・Treat as Chinese, Korean, Japanese?

 という2つの項目を“YES”に変更し、下の“Recreate Index”をクリックしてください。
(デフォルトでは2つの項目は”NO”だと思いますので)

絶対変更しないといけないのはここぐらいでしょうかね。

あとは関連記事の表示のされ方の設定です。
これは上のメニューの中の“Placement settings”をクリックしましょう。

sp6

この中の上にある“Output after post”というのは、自動で記事の最後に関連記事を挿入するかを決めるものです。
“YES”にすると、記事の最後に自動で関連記事を挿入してくれます。
表示される形式が、”parameters”に書かれていますので、ここを変更して自分の好きなように表示のされ方を変えるができます。

自分の場合はここは”NO”に設定していて、後述する「好みの場所に挿入する方法」で使っています。

関連記事の挿入方法

前述したように、自動で挿入する方法もありますが、自分の好きなところにできれば挿入したいですよね。

その方法について解説しますね。
主に2つの方法があります。

まず簡単な方法として、サイドバーなどのウィジェットに挿入する方法。

これはメニューの“外観”>”ウィジェット”を選んでください。

 

sp7

その中に“Similar posts +”というのがあるかと思います。

sp8
これをサイドバーなどに挿入すればOKです。

これが一番シンプルな方法かもしれませんね。

 

続いて、記事中の好きな場所に関連記事を挿入したい場合。

これは“外観”>”テーマ編集”から、自分が表示したいテンプレートのPHPファイルを選択します。

その中の挿入したい部位に

<?php similar_posts(); ?>

という文を挿入すれば表示されるようになります。

自分の場合は

<h3>合わせて読みたい関連記事</h3>
<?php similar_posts(); ?>

としています。
すると一番最初に示したような表示になるかと思います。

お分かりいただけたでしょうか?

設定さえ終われば、あとは何もしなくて大丈夫です

そこがとってもありがたいところですよね。
あとは自動で記事が投稿される度に、関連するような記事を探し出して表示してくれるようになります。

いちいち新しい記事を書くたびに、過去に書いた記事を探し出してリンクを貼る必要がないのでとっても楽ですよね。
読者の側からしても、関連した記事を読みたいことが多いと思いますので、とってもありがたいプラグインだと思います。

もしまだ使っていない方がいらっしゃるようだったらぜひどうぞ。

本日もありがとうございました。


→ この記事がお役に立てば、ブログランキングかSNSで応援クリックしていただけるととっても嬉しいです(^^)/

人気ブログランキングへ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

スポンサー-楽天-

このページの先頭へ